So-net無料ブログ作成

初めてのライ角調整 [ウエッジ]

FWのリシャフト(正確にはシャフトの装着)をしたところで・・・


スポンサーリンク








以前に買ってずーっと使っていなかったウエッジが2本
最近ゴルフに行くようになり
持って行ったのですが
トゥが浮いて見えて
打つとやはりフックになり
ぜったいライ角がアップライトなんだよ~と
悪いのをクラブのせいにしていました

先日シャフトを刺してもらったお店
スポーティーゴルフさん
一度行ったので自信?がついて
そうだライ角調整もお願いしてみよう!と
メールで問い合わせしたら
これも快く引き受けてくれました!
IMG_0894.jpg
クリーブランドゴルフの
TA-588
ものすごく昔
このTA-588をウエッジ3本使ってました
そのころもトゥが浮いてやはり気になっては
いましたが
ライ角調整するなんて
上手い人がやるもんだと
自分が下手なだけなんだと
思っていたころの話しです


溝規制が始まってこのウエッジも使えなくなることになり
残念で手放しましたが
このガンメタ使用で588のうしろに「C」がついて
復刻盤みたいな感じで販売されたときに
買っておいたものです
なのでずーっと使ってなかった
のを1度フラットにしてもらいました

これ載せてもいいものなのかわかりませんが(汗)
IMG_1174.jpg
作業みてましたが
とても丁寧にしていただき
また何かあれば頼みたいなぁ~と





スポンサーリンク








ネットで宝くじ

タグ:TA-588C
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。